アスコエは電子手続きを通して行政サービスの最適化、業務改善を全力でサポートします

「手続きのIT化で楽になる」というのは本当?

電子化したら、誰にとって、何が良くなるのでしょうか??
意外にも、電子化されたからといって、必ずしも「以前より良くなった」とは言えない現状も見えてきます。
行政手続きを電子化するための取り組みが進んでいますが、

・ 電子化されても、データが間違っていたので、書類を受け付けられなかった
・ 何を書いたら良いか分からず、電話で問い合わせた
・ 電子化されている手続きがあっても、他の手続きが窓口での提出が必要なため、
  結局来庁せざるを得ない

といった声は珍しくありません。

アスコエは『ユーザーにとって何が良いのか』を徹底して追求します。

そんなアスコエだからできること

『手続ナビ』大解剖!

いくつかの質問に答えるだけで必要な申請、申し込める助成制度が直感的に確認できる!

制度の条件を整理し、最低限の質問ステップと簡単な質問で絞り込み。利用者のストレスを軽減します。

結果画面で必要な書類、申し込み期限、手続き方法などを一覧できるため、ユーザーの手戻りなどによるストレスがなく、受付業務も時間削減!
申請サポートプラスと連携し、そのままスムーズにwebでの書類の作成も可能です。

質問に答えるナビ形式の他 チャットボットでの対応も可能です!

アスコエの申請サポートプラスが選ばれる理由

紙帳票をそのままウェブフォーム化

自治体様が普段ご使用されている紙帳票を当社でお預かりし、システム化いたします。
入力フォームは利用者にとって分かりやすい言葉で説明され、職員のサポートがなくても入力しやすく工夫されています。
作成した申請書(ウェブ帳票)は、PDFファイルとしてダウンロードしたり、印刷することができます。

ペルソナリンク™(ヒトつながりシステム)同じ内容を何度も入力させない

複数の帳票を作成する場合同じ内容を何度も入力させることがユーザーのストレスとなります。
入力済みの共通情報が関連する別の帳票にも反映されますので、複写式の帳票や、同時に提出する銀行振込申込みなどにも対応することができます。

また「出産」「引っ越し」など、所管課をまたがる複数帳票を同時に作成するタイミングにおいても、ユーザーの属性に合わせて共通する項目が連動するため、“何度も同じことを入力する、、、” といった負担を軽減することができます。

その他、従来のWEB申請様式では見逃されがちだった部分を、当社はUI・UXの視点で改善します。

・入力時の迷いを低減
・不要な項目を削除し、入力の負担を軽減
・入力時の自然な流れを実現
・エラー対応や表記で入力漏れを防止

事例紹介

子育てタウン手続ナビ(千葉市中央区実証実験)

出産時に必要となる手続きを事前に確認できるナビです。
ナビゲーションの結果からweb申請フォームを利用した申請書作成も可能です。※実証実験は終了しています。

子育てタウン幼保無償判定ナビ

幼保無償化に伴い、お子さんが該当するか、どの手続きが必要かをナビゲートします。

よくある質問

法令が変更になり情報がが古くなってしまうなど、メンテナンスの手間がたびたび発生してしまうのでは?
「法令改廃情報提供サービス」、「例規改廃情報提供サービス 条例お届け便」など改廃情報を取り扱う㈱ぎょうせいとの連携により安定的なコンテンツ管理と品質を保証します。
サービス提供方法はどのようなものがありますか?
本システムを直接ご利用頂く方法の他に、既存のアプリケーションに組み込む方法(SDK)での提供も可能です。
手続ナビのみの申込は可能ですか?
手続ナビのみ、申請サポートプラスのみどちらも対応可能です。
それ以外にもサービスデザインの視点から全体の業務改善などを含めたご提案も可能ですのでお困りごとなどご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はお気軽に 03-6452-8724

みなさまのご連絡をお待ちしております。